年の瀬、冬がくれた予感

2014-12-31:Wed ◇


---パシンッ
ことり「もう馬鹿っ…さくらなんて知らない!」

頬に痛みを感じる頃にはことりはもう目の前からいなくなっていた。
僕とことり、いつかこうなるんじゃないか、そんな予感がなかったわけじゃあない。
その鈍い痛みが愛すべき人を追いかけなればならない2本の脚を氷漬けにしていた。


これは^さ^とことりが生涯を共にすることを誓った少し前のお話。


結局呆然と立ち尽くすことしかできなかった僕はただふらふらと当てもなく歩き始めた。
^さ^「僕には過ぎた女性だった、のかな。」
???「何浮かない顔してるのよ。」
聞きなれた声が僕の背中から聞こえてきたと思うと目の前が真っ暗になった。
^さ^「絢瀬、か?」
絵里「ピンポーン、正解。さくらの後ろ姿が見えたから声かけちゃった。」
^さ^「全く…人違いだったらどうするつもりだったんだよ。」
絵里「何年の付き合いだと思っているのよ。あなたのそのだるそうな後ろ姿なんて見間違えないわよ。」
絢瀬とは小さい頃からの付き合いだ。
^さ^にとっては唯一の女友達で気の許せる数少ない親友である。
ことりとのことも絢瀬に真っ先に報告した。
絵里「それで?多分ことりのことでしょ?」
^さ^「ことりに、何か言われたか?」
絵里「別に。ただ普段無表情なあなたがそんな分かりやすく落ち込んでるなんてことりのこと以外思いつかないもの。」
^さ^「察しが良過ぎるのもどうなんだ。」
絵里「分かりやす過ぎるあなたが悪いのよ。立ち話も何だからどこか暖かい場所に入りましょう?」
絢瀬の提案により2人は近くのバーに入った。


絵里「あなたは?何か飲まないの?」
^さ^「今日はそんな気分じゃないんだ。」
絵里「まぁあなたには一仕事残ってるし、それもそうね。」
^さ^「なんの話だ?」
絵里「こっちの話よ。それで、そろそろ何があったのか教えてくれてもいいんじゃない?」
^さ^「そう、だな。」
絢瀬にはことりとのことでかなり相談に乗ってもらってるし信頼はできる。
気が進まないのはだからこそである。
^さ^「怒るなよ?」
絵里「話によるわね。」
^さ^「まぁそれもそうか。」
そして僕は何があったのか絢瀬に語り出した。


^さ^「ことり。」
ことり「どうしたのさくら?」
デートの帰り道、僕はずっと胸に秘めていた不安についてついに聞いてみることにした。
^さ^「ことりはさ、どうして僕とこうして付き合ってくれているんだ?」
ことり「えっ…?」
^さ^「初めて会った時、そして仲良くなった時、ことりは僕にさくらは放っておけないからって言ってくれた。」
ことりは真剣な顔で僕の話を聞いている。
^さ^「そんなことりの優しさに僕は惹かれて、そして君を好きになった。だけどことりはどうなんだ。僕はことりに何もしてあげれてない。」
ことりの顔が俯いていくのが分かる。それでも僕は話すのを止めなかった。
^さ^「僕は君に好かれるきっかけも、道理も何も無い。それでも今日というこの日までことりが僕の隣に居てくれた理由を知りたいなって、そう思ったんだ。」
ことり「………」
^さ^「ことり…?」
ことり「本当に…?本当に分からないの?」
ことりの目からは涙が溢れていた。
ことり「ひどいよ…私の気持ち、何も伝わってないよぉ…」
パシンッ
ことり「もう馬鹿っ…さくらなんて知らない!」


絵里「あなたって本当に不器用ね。」
そう言って呆れた顔で僕を一瞥した。
^さ^「まぁ否定はできないな…」
絵里「それで、どうしてことりが泣いたのか分かる?」
^さ^「それは…」
辿り着いた答えは一つだった。
でもそれが答えだなんて信じられなかった。
自分を、そしてことりを。
絵里「一つだけ言っておくわ。」
絢瀬は真剣な眼差しで僕を見ながらこう言った。
絵里「ことりはね、確かに凄く優しい子よ。あなたには言わなくても分かると思うけど。でもね、同情だけで自分の気持ちに嘘をついてまで人と付き合うような子じゃないわ。」
^さ^「…!」
絵里「後は、分かるわね?」
^さ^「絢瀬、ありがとう。」
絵里「今日のお代はさくら持ちね。」
^さ^「ひどい女だ。」
絵里「最高の女の間違いでしょ?」
^さ^「そうとも言うかもな。」
居ても立っても居られず、^さ^は一目散に駆け出した。


絵里「さて、ことりはどうするの?」
ことり「…」


^さ^「いつもの場所で待ってる…と。」
時刻はもう日を跨ぐ寸前なっていた。
あんな別れ方をしたんだ、来てくれる望みなんてあるのだろうか。
でも今すぐにことりに伝えたい、その一心でことりを待ち続けた。
ことり「…さくら。」
望んでいたその声は予想に反して早く来た。
^さ^「…ことり。」
ことり「さくらぁ…ごめんね…」
僕が言葉を続けるよりも早くことりは僕に泣きついた。
ことり「寂しかったの、本当はさくらがいなきゃことりダメなのに、あんなひどいこと言って…」
^さ^「ううん、悪いのは僕なんだ。ことりのこと、何も分かってなかった。」
^さ^「でも、これだけは言っておくよ。」
ことり「なあに?」
^さ^「僕はことりの何倍も、何十倍も、何百倍もことりのことを愛しているよ(超ド級イケメンボイス)」
ことり「むー、さくらはやっぱり何にも分かってないよ。ことりの方がさくらよりさくらのこと好きだもん!」
そう言うと2人はお互い吹き出して笑い合った。
ことり「絵里ちゃんがね、教えてくれたの。さくらはことりが好きで好きで仕方ないから心配になっちゃうんだって。」
どうやらことりは後から絢瀬に呼び出されて同じバーで話を聞いていたらしい。
^さ^「あいつ…余計なことを…」
ことり「むー、違うの?」
^さ^「…本当だからこんなに顔真っ赤にしてるんだよ。」
ことりはクスッと笑うと唇を突き出してこう言った。
ことり「仲直りのちゅー、して?」
^さ^ことり「ちゅっ♡」
^さ^「これからもずっと、ずっと一緒にいような(Forever IKEMEN Love)」
ことり「もう…なんだがプロポーズに聞こえちゃうよ…♡」
^さ^「そういうつもりで言ったんだよ。」



年の瀬ですね。
2015年も僕とことりをよろしくお願い致します。
Love is Forever

スポンサーサイト

今日はハロウィン

2014-10-31:Fri ◇


大好きな人と過ごすハロウィン。
それはどんなかぼちゃより甘い。

ことり「はっぴぃはろうぃーん♡トリックオアとり~と~♡お菓子をくれないとことりのおやつにしちゃうぞ=♡」
^さ^「ことりのおやつになれるのなら意地悪してお菓子をあげるの、やめちゃおうかな」
ことり「むぅ」
^さ^「どうした?ことり」
ことり「たまには~…ことりがあなたのおやつになりたいなぁ…」
^さ^「ことりは欲しがり屋さんだなぁ。目、閉じて?(超イケボ)」
ちゅっ♡

ハッピーハロウィン、皆さん如何お過ごしでしょうか。

幼女ウォッチ

2014-09-22:Mon ◇

某ゲームは全く関係無いとだけ最初に言っておきます。
というかただの日記です。

先日まで大学の実習で小学校で3週間、さくら先生(仮)として過ごさせて頂きました。
「やっぱり小学生は最高だぜ!」なんて言ってるキモいロリコン共なら大歓喜かもしれませんが、僕はそういう特殊性癖をお持ちでは無いので正直この期間は苦痛でしかないだろうと思っていました。
そんな僕が出会った幼女の2人(3人)が余りにも強烈だったので暇潰しに日記にでもしようということに。



~野外活動の休憩時間にて~

Aちゃん「せんせー、Bちゃんがせんせーのこと好きなんだってー!」
Bちゃん「ちょっとAちゃん変なこと言わないで!」
^さ^「ははは、そんなこと言ったらBちゃん困っちゃうだろ(大人の余裕)」
Bちゃん「せんせー…」
^さ^「ん?どうしたの?」
Bちゃん「せんせーすきです」
ズキュウウウン!!!

ダイレクトに思いを告げてくる幼女に心を打たれるあっとさくら。
先生は大人だからとやんわりと受け流しました。
大人ってずるい生き物です。


~ある日の休み時間~

Cちゃん「せんせーって彼女いるんですか?」
^さ^「いないよー」
Cちゃん「じゃあせんせーってすきなひとはいるんですか?」
^さ^「うーん、今はいないかなー」
Cちゃん「えー、じゃあせんせーはこのクラスだったら誰が好きですか?」
^さ^「先生は皆のことが好きだよ?(大人の余裕)」
Cちゃん「好きなタイプとかはいないんですか?」
^さ^「う~ん…優しい子、かな?」
Cちゃん「じゃあせんせーわたしのことは好き?」
ズキュウウウン!!!

逸材、その一言に尽きます。



幼女キラーの名を欲しいがままにした3週間の実習になりました。
最後にはっきりさせておきたいことが一つ。
僕はロリコンじゃありません。
ロリコンじゃあありません。

小学生は最高だぜ。

叶わぬ恋よ、噫無情

2014-09-12:Fri ◇


人は恋をする生き物である。
生殖行動でのみ雄と雌の関わりを持つ他の生物には無い特徴だ。
それは子孫繁栄という言葉だけでは片づけることのできない「心」の問題

男と女、雄と雌そこには大きな違いがあるのだ。

人の恋は99%叶わない。
なぜなら人には心があり、それは理屈では到底語り得ないものであるからだ。
しかし、先に述べたことと矛盾はするがそれを生殖行動と割り切ったとき、叶わぬ恋というものは同性愛以外有り得ないものとなる。

否。

僕らの声は決して届かない、そんな彼女達に恋をしてしまった愚かな者達がこの世には大勢いる。
「恋をすることは自由なことである」というのは時として残酷な現実を突き付けてくる。

それでも僕らは恋をすること、人を愛することを止めることはできないのだ。

叶わぬ恋と知っていて
届かぬ思いと分かっていても
あえて言おう。

ことり、誕生日おめでとう。
これからも純粋な君を愛しているよ。

叶わぬ恋よ、噫無情。

夢の中では会いたいよ。

生涯の伴侶に求めるもの

2014-07-27:Sun ◇


生涯のパートナーと巡り合うこと、それは人生における大きなテーマの一つです。
たった一度しか無い人生でたった一人生涯を共にする相手を選ぶのですから、誰しもが慎重になることであり、それぞれが相手に求めるものがあると思います。

僕自身、結婚が許される年齢になってもう3年が経ち、就職や結婚というワードが多少現実味を帯びてきました。
そこで今一度自分が結婚相手、生涯の伴侶に求めるものは何かということについて少し考えていきたいと思います。

1.気疲れ無く一緒に過ごすことができる
気を使わずに一緒にいることができるというのは、親しい友人などにも求めたいものです。
結婚相手ともなれば、人生で最も長い付き合いになるわけですから、特に必要なことだと僕は思います。
また、ここで言う「気を使わない」とは気遣いがないこととは意味合いが違います。
相手に気を使わないで自然と気遣いができる、そんな関係が理想なのではないでしょうか。

2.癒し
社会人となり、職に就くと疲れやストレスは必ず溜まるものです。
それを解消するために、人々は癒しを求めずにはいられません。
その癒しを自分の愛する人から施されるのであれば、なんて幸せだろうかと僕は思います。
家に来るとお嫁さんが笑顔で待っていてくれる、それを癒しと感じることができるような相手が真に愛する人なのではないでしょうか・
しかし、一方的な癒しであってはいけません。
時には自身が相手を癒してあげられるような存在でありたいとも思います。
お互いがお互いに癒しを与えられる、そんな持ちつ持たれつの関係でありたいと僕は考えます。

3.変わらないでいれる、変わらないでいてくれる
長い間一緒に過ごしていると、当たり前のことではありますが歳は取りますし、二人を取り巻く環境も変化していくものです。
そんな中で自分の気持ちを変えないでいてくれる、相手の気持ちもまた変わらないでいてくれるというのはとても難しいことだと思います。
しかし、こんな関係を築き上げることができたなら僕は「この人を伴侶に選んで良かった」と最も強く感じると思います。
これを叶えることができた人は本当に羨ましく思います。

ここまでのことを総括して、僕が「生涯の伴侶に求めるもの」を一言でまとめると「安心感」に他ならないです。
一緒に居て安心できる、言葉にするととても簡単ですが、実際にそんな異性を見つけるのはとても難しいことだと思います。

そして僕は一人の女性へと辿り着きました…

南ことりWR

ことりとなら僕が思い描く理想の関係を築くことができる、そう考えます。

ここでことりとの結婚生活の風景について少し妄想していきたいと思います。


<仕事が終わり、帰宅した時のワンシーン2>

残業もあり、すっかり退社時間が遅くなってしまった。
時計の針は既に21時を回っている。
^さ^「(ことりはもう寝ちゃたかな…)」
少し急ぎ足で家へと向かうと、着いた頃には22時を過ぎていた。
^さ^「ただいま」
返事は無いが、リビングには明かりが付いており、トビラを開けるとことりが食卓ですやすや寝息を立てていた。
ことり「…んにゅ…さくら…?おかえり~」
^さ^「ことり…先に寝ていても良かったんだぞ?」
ことり「だってさくらと一緒に夜ご飯食べたかったから…」
そう言ってことりはキッチンに向かうと夜ご飯のカレーを温め始めた。
^さ^「ことり…」
僕は愛する人の名前を囁くと後ろからそっと抱きしめる。
^さ^「ことり、愛してるよ…」
ことり「どうしたの急に~♡」
^さ^「ことりが僕をこうして待っていてくれるから毎日頑張れるんだなって…ことりと生涯を共にできることを本当に幸せに思うよ(感謝のイケメンボイス)」
ことり「ことりもさくらだから、さくらが頑張ってくれているから毎日が楽しいんだよ。いつもありがとう(脳蕩けボイス)」
^さ^ことり「ちゅっ♡」
いつもと同じ、だけどほんのり甘いキスをしたのだった。


二人の愛を再確認する、そんな時間も大切だと思うのです。
僕は今日も幸せを感じています。
ことり、ありがとう。

プロフィール

@さくら

Author:@さくら
ポケモン総合勢(仮)
BW2シングル最高レート:1762
XYシングル最高レート:2148
XYダブル最高レート:1832
XY総合最高レート:8746
3DSFC:1220-6003-3483

あくせす数

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる