2ヶ月間の出張から帰ってきました。

2014-05-13:Tue ◇

-2ヶ月間の出張を終え、ことりの待つ家への帰路に就いた。

^さ^「(ことり…待ってるかな…)」
ため息交じりに家の戸を開ける。
^さ^「ただいま、ことり?」
部屋の灯りが無い、まるで誰もいないようだ。
^さ^「(…ことり、いないのか?)」
一抹の不安を覚えながら、階段を登った突き当たりにあることりの部屋のドアをノックする。返事は無い。
^さ^「(ことりの身に何か…?)」
^さ^「ことり!」
不安をかき消すようにことりの名前を呼びながらドアを開ける。
ことり「う…ん…さく…ら…さくらぁ…夢の中でも…会いたいよ…」
ベッドの上で僕の名前を呼びながら魘されることりを見て慌てるも、同時に少し嬉しくなる。
^さ^「ことり、帰ってきたよ。(穏やかイケメンボイス)」
ことりの前髪を少し寄せ、おでこに軽くちゅーをする。
ことり「…さ、さくら…?さくらさくらさくらぁ…!」
ベッドから飛び出たことりが僕の胸に飛び込んでくる。
ことり「あなた…会いたかったよぉ…」
^さ^「まったくもう、出張なんだからちゃんと帰ってくるよ。」
ことり「だって…だってだって2ヶ月だよ!?あなたがいない2ヶ月なんて…もう…グスッグスッ…」
^さ^「ことり」
ことり「さく…んっ」
僕の胸で泣き崩れることりの顔を上げて強引に唇を奪う。
^さ^「僕はどこにも行かないよ(超イケボ)」
ことり「うん…うん!あなた、愛してる!」
^さ^「僕も愛してるよ(超ド級イケメンボイス)」
ことりと何度か唇を重ねる。
「ぐぅー」
ことり「えへへ…安心したらお腹空いちゃった」
^さ^「今日は僕が夕飯作るよ」
ことり「ううん、ダーメ。今日は2人並んで作るの♡」
^さ^「ことりばっかり見てケガしないように気をつけなきゃな」
ことり「もぉあなたったらぁ♡」
ちゅっ♡


ことり…

スポンサーサイト


トラックバック

http://attosakura.blog.fc2.com/tb.php/41-00c045c2


ひどい……

あたしがいるのに、他の女の子とそんなことするなんて……。

2014-05-13
紗凪 URL


Re: ひどい……

> あたしがいるのに、他の女の子とそんなことするなんて……。

ア…ア…ごめんなさい…

2014-05-13
Author URL

コメントの投稿







Secret

プロフィール

@さくら

Author:@さくら
ポケモン総合勢(仮)
BW2シングル最高レート:1762
XYシングル最高レート:2148
XYダブル最高レート:1832
XY総合最高レート:8746
3DSFC:1220-6003-3483

あくせす数

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる