クソ記事を書く時の心構え

2014-06-21:Sat ◇


余りにも暇だったので更新。
Twitterでクソ記事の題材を募集したところ、「クソ記事を書く時の心構え」について書いて欲しいという要望があったので僭越ながら僕がクソ記事を書く時に何を考えているかについて紹介したいと思います。

※かなり身内要素が強いので気を付けてください。

心構えを書く前にクソ記事とは一体何かということを明確にしておかなければなりません。
そもそもクソ記事とは一体どのような記事のことを指すのか、意味もよく分からないままにクソ記事という言葉を使用している人も多いのではないでしょうか?
かく言う私も何がクソ記事で何がそうでないのかを判断する明確なものさしは持ち合わせていません。
それもそのはず、およそクソ記事と呼ばれているものには具体的な線引きはありません。
しかし、例えばポケ勢によるPT構築記事やポケモン単体考察記事はクソ記事なのだろうか?と問われればそうではないと僕は答えます。
では、クソ記事とそうでない記事とでは一体どのような違いがあるのでしょうか。
故人的にクソ記事と呼ぶにふさわしいと思っている記事を読みながら考察していきたいと思います。

【絵と歩み続けた二年間 ~世界平和へ祈りを込めて~】
http://waitofujin.blog112.fc2.com/blog-entry-86.html
がんてつ(敬称略)によるクソ記事。
今では画伯とまで呼ばれるに至ったがんてつの2年間の足跡が描かれている。
異彩を放つ絵もさながら、芸術家特有の言い回し、言葉選びが読者を引き付ける。
クソ記事としての完成度が高い逸品の一つ。

【可愛い】
http://hatuyuki2.blog.fc2.com/blog-entry-24.html
初雪(敬称略)によるクソ記事。
やや画像によるゴリ押し感が強いが、その中にも輝くフレーズが散りばめられている。
言葉だけでも十分に印象深いが、(・q・)という独特な顔文字と組み合わせることでその破壊力は何倍にもなる。
フリー素材としての質の高さから、こちらの記事も紛うことなき逸品と呼べるだろう。

【2ヶ月間の出張から帰ってきました。】
http://attosakura.blog.fc2.com/blog-entry-41.html
僕自身が手掛けたクソ記事の一つ。
これまで(この記事が上がるまで)になかった細かい設定や描写により、更に読者が想像しやすくなった妄想記事。
緊迫感溢れる前半から甘々な後半へと続くことによって最後の甘さがより際立つ構成になっている。
このようなテーマで記事を書く以上、自分のクソ記事を載せないわけにはいかないだろうということで一応紹介。

他にもクソ記事のジャンルとしては「~のキャラランキング」といった王道も存在しており、先に紹介した3作品からも分かるように一概にクソ記事と言っても様々なジャンルがあるため、これが線引きの難しい要因であると思われます。

ではどのような記事をクソ記事と呼ぶのでしょうか?
これらの記事から共通点を探し出し、分析することで僕は一つの答えに辿り着きました。
それは需要の有無です。
構築記事や単体考察などの記事は、確かに自分用のメモの要素が含まれる場合も多いですが、多くの人の参考になる可能性のある「役に立つ記事」であると僕は考えます。
言い換えれば需要のある記事だということになります。
一方で、先に紹介したようなクソ記事には構築記事や単体考察記事のような需要は無いとも僕は考えます。
言うなれば、クソ記事というのは大多数の人にとっては全くの価値の無い自己満足の塊のような記事ということになります。
これが僕のクソ記事とは何かという問いに対する答えです。

ではクソ記事とは何かということに一つの結論が出たところで、僕がクソ記事を書く時の心構えについて紹介していきたいと思います。

1.自分に正直になること
自己満足の記事である以上、嘘偽りない自分の言葉で書くことは至極当然のことだと僕は考えます。
自分に正直な気持ちや思いを書くことによって初めて逸品と呼ぶべきクソ記事が生まれるのだと思います。
僕はことりとちゅーがしたい。

2.恥ずかしがらないこと
1番と関連することでもあります。
これは特にキャラランキングや妄想記事に言えることなのですが、「恥ずかしがらないこと」、これはとても重要なことだと思います。
例えば、自分が好きな女の子に「君のことがずっと好きだった…僕と付き合ってください(イケボ)」と言って告白する際に、告白する男性が恥ずかしがって「ききき君のこっことが…しゅ、好きです…ぼ、僕と付き合ってく、くだしゃぃ…」と自信なさげな感じになってしまったとしたら告白された女性はどう思うでしょうか?
確かに自分の正直な思いを文章にすること、それを外部に発信することは恥ずかしいことであるように思います。(そもそも発信する意味とか言うな。)
しかし、だからこそ自分のために、思いを伝える相手のためにも恥ずかしがらずに最後まで書き貫くことが大事であるように思います。
僕はことりとちゅーがしたい。

3.目的を履き違わないこと
心構えとはまた違うように思いますが、僕が常々注意していることの一つです。
僕が今まで投稿したクソ記事の中には最大で70RTを超えたものがあります。
しかし、僕はこの事態を全く予想していませんでしたし、もちろんそれを目的としていたわけではありません。
TwitterでふぁぼやRTを稼ぐことがクソ記事の本質ではありません。
大事なのは目的意識をしっかりと持ち、先に述べた2つのことを意識しながらクソ記事を書くということだと思います。
クソ記事のジャンルによって誰かへの感謝を伝えるためであったり、愛を語らうためであったりとその目的は違います。
自分が今なぜこの記事を書いているのかということを明確にして、真摯な気持ちでクソ記事と向き合いましょう。
僕はことりとちゅーがしたい。

まとめ
僕はことりとちゅーがしたい。

正直クソ記事なんてクソ記事以上でも以下でもないので自分が思ったことを文章にして投稿するだけでそれはクソ記事足るものになるんじゃないんですかね()
僕に関しては「ことりとちゅーがしたい」、その一心で書いているだけです。
強いて言うならそれが僕がクソ記事を書く上での心構えだと思います。

誰がためのmy birthday

2014-06-20:Fri ◇

あっとさくらです。
私事ではありますが、本日21歳になりました。
21歳になったからと言って突然人が変わるなんてことはありません。
これからも変わらぬあっとさくらをどうかよろしくお願い致します。

本題に入ります。

成人してから初めて誕生日を迎えたわけですが、歳を取るにつれて誕生日が来た時の心境は変化していくものだということをこの歳になって実感しました。
子どもの頃、誕生日と言えば親からプレゼントを貰える嬉しい日だと僕は認識していました。
今このブログを呼んでいる人の中にもそのようなイメージを持っている方はいらっしゃるかと思います。
しかしながら、誕生日とは何か、その意味合い、考え方は今になって少し変容したように思います。
21歳になった今現在、僕は誕生日を「感謝する日」であると考えています。
人それぞれが何かに感謝をする日、それが誕生日です。

子どもの頃、誕生日は親からプレゼントを貰える日だと認識していたと先に述べていましたが、当然これが当たり前のことではないということは、今の僕は良く理解しています。
貰えない子どももいるだろう、親がいない子どももいるだろう、そんな中で僕はなんて恵まれていた子どもだったのだろうかと思います。
だから僕はまず1番初めに、子どもの頃を振り返り自分がどれだけ恵まれた環境に生まれたかということを再確認しながら、当たり前の「今」に感謝したいと思います。
そして僕にそんな恵み、優しさをくれた両親への感謝も忘れてはいけません。
今日という日まで僕が健康に生活を送ることができたのも、母親がいて、父親がいてこそ叶ったことです。
誕生日こそ感謝を伝えるチャンスであると僕は思います。

そして僕には何より感謝しなければならない人物がいます。
それはいつでも僕の隣にいてくれた最愛の恋人であることりです。
ことりがいなければ今の僕はいなかったでしょう。
ことりがいたから僕は人を愛することの本当の意味を知ることができました。
そして隣にことりがいるからこそ僕はこれからの人生にもヒカリを見出すことができるのだろうと思います。

南ことりがいるこのセカイに生まれた今日この日、僕はことりに最大級の愛と感謝を捧げたいと思います。

ことり プレゼント1-1

※ことりとの妄想への感謝の意をこれから先の追記で綴っています。
大変長いのでお時間がある時に閲覧することをお勧めします。

entry_more

Pokemonというゲームに疲れたとき

2014-06-10:Tue ◇

「なんで理想個体生まれねーんだよ!!!」
「特性違うわ…やり直し…」
「そこでその立ち回りはあり得ないだろ、ふざけんな」
「なんでそこで急所引くんだよ…」
「起点無しで小さくなってんじゃねーよ」
「メタモンもいねーのに物理に威張ってんじゃねーよ」

厳選、対戦、様々な場面で見え隠れするポケモンの闇。
このポケモンというゲームを心穏やかにやり続けるのは極めて難しい。
ある人はこう言った。
「ポケモンツイートしない人はポケモンが上手い。」
諸説あるが、僕はこの言葉の裏側に「ポケモンというゲームに疲れた時、上手にストレスを発散できる人は心穏やかに、冷静にポケモンをすることができる。」という意味が隠れていると考える。
そこで今回はポケ勢が普段どのようなことをして心の平静を保っているのかについて考察していきたいと思う。

【麻雀】
Twitterをしていれば1度は天鳳@〜という言葉を目にしたことがあるだろう。
これはオンライン対戦麻雀ゲーム「天鳳」の対戦相手募集(何人)を示すものであり、多くのポケ勢がこのゲームに興じてる。
主観ではあるが、特に麻雀ポケ勢は強い印象がある。
ポケモンと通ずる何かが麻雀には隠れているのかもしれない。

【ADS】
最近よく見かけるようになったADS(Automatic Dueling System)という単語。
これはオンラインで遊戯王OCGを遊ぶことができるシステムのことである。
意外にも遊戯ポケ勢は多く、最近では「誰か決闘(デュエル)しませんか?」という単語を見ない日は無い。

【パズル&ドラゴンズ】
国民的な携帯アプリとなりつつあるパズル&ドラゴンズ、通称パズドラ。
手軽さからかポケ勢からの評価も高い。

【ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル】
ラブライバーなら誰しもがやっているであろうスマホ用アプリ、通称スクフェス。
音ゲーとしての質の高さ、キャラのかわいさからラブライバー兼ポケ勢の多くがこのゲームに興じている。

【艦隊これくしょん】
通称艦これ。
設定の細かさやキャラのかわいさ、無料でも快適にプレイできる手軽さから多くの人がプレイしてるソーシャルゲーム。
ポケ勢も例に漏れず多くの人がそのプレイヤー、「提督」になっている。

【ノベルゲーム】
ギャルゲ、エロゲ等のノベルゲームに興じるポケ勢は多い。
ストレスの溜まるポケモンというゲームと並行して心に"癒し"をくれるノベルゲームをプレイすることは意外にもマッチしていると言えるだろう。
なぜリアルに癒しを求めないのか?察してやれよ。

【妄想】
僕が特に推しているのがこの"妄想"
荒んだ心を癒してくれるのはいつだって嫁に他ならない。

ここで一例を紹介致しましょう。

^さ^「ドン!(台パンする音)なんでそこでじゃれつくを外すんだよ!ここで当てれば勝ちだったじゃねーかよ…」
^さ^「はぁ…」
僕はため息を付きながらDSを閉じる。
ことり「さ、さくら…?」
^さ^「………ん?」
ことり「ポケモンをしている時のさくら怖いよ…」
ことりに言われて初めて気付いた自分の言葉遣いの荒さ、眉間に寄ったしわ。
そこで僕ははっと我に帰った。
ことり「ねぇ、ことりはね、いつだって運の良し悪しっていうのはあると思うの。今はあなたが運が悪かっただけ、でもきっといつかその運は巡り巡ってあなたのもとに帰ってくるの。だから楽しく遊ぼう?ことりはあなたの笑顔が大好きなの(超脳蕩けボイス)」
^さ^「ことり…」
名前を呼んでそっとことりを抱きしめる。
^さ^「ごめんな、でも、ありがとう(Melty IKEMEN Voice)」
ことり「ううん、大丈夫だよ。じゃあごめんの代わりにちゅーして♡」
^さ^ことり「んっ♡」
僕とことりは静かに口付けを交わした。



今日も心穏やかにポケモンができる気がする。

故あっとさくら分析

2014-06-02:Mon ◇

あっとさくら。
それは2014年2月8日にツイッターアカウント@AttoSakuraを消去した過去の人物である。
しかし、以前と変わらずこのブログ、Pure white symphonyが更新され続けることから、ゴーストライターがいるのではないかとまで言われている(らしい)。

故あっとさくらとは一体なんなのかについて少し分析していきたい。

乾バンギグライhttp://attosakura.blog.fc2.com/blog-entry-18.html
五世代最後に@AttoSakuraが使っていた構築。
至って普通のポケモン構築記事である。

μ's私的ランキングhttp://attosakura.blog.fc2.com/blog-entry-19.html
@AttoSakuraが初めて書いた所謂クソ記事。
真剣に書いていたために沸き成分は少なめ。
ことりへの愛の第一章。

乾紗凪のかわいさについてhttp://attosakura.blog.fc2.com/blog-entry-24.html
@AttoSakuraが初めて書いた~のかわいさ考察記事。
後に紹介する記事、「南ことりのかわいさについて」の影に隠れて目立たないが、この記事こそかわいさ考察の先駆け。
少し沸き始めた。

南ことりのかわいさについてhttp://attosakura.blog.fc2.com/blog-entry-28.html
全てはここから始まった。
各地で参考文献、フリー素材として使われているらしい。



ここでことりちゃんと僕の新婚生活について妄想していきたいと思います。

朝、寝起きのワンシーン

ことり「あなた、朝ご飯できてるから起きて♡」
@さくら「う…ううん?」
ことり「もー!起きないとことりがちゅんちゅんちゅーしちゃうぞ!」
@さくら「ことりがキスして起こしてくれるならもう少し寝るのも悪くはないかな」(超イケメンボイス)
ことり「一回…だけだからね…?ちゅっ♡」
@さくら「おはよう、ことり」
ことり「おはよう、ア ナ タ」
ここでもう一度おはようのちゅー



真姫「キモチワルイ!」
^さ^「僕はことりとちゅーがしたい…それだけなんだ…」


MO-SO-BU!http://attosakura.blog.fc2.com/blog-entry-38.html
更に加速したことりとの愛の語らい。
一体どこまで行くのか、真姫ちゃんにもため息を吐かれ始めたようだ。

2ヶ月間の出張から帰ってきました。http://attosakura.blog.fc2.com/blog-entry-41.html
およそ「キモヲタ」とは呼べないような一般人がこの記事を読んだ場合どのような反応を示すのだろうか。
ここ最近では一番の超大作、ことりへの愛を綴ったLove fancy
ことり…



^さ^「ことり」
ことり「さく…んっ」
僕の胸で泣き崩れることりの顔を上げて強引に唇を奪う。
^さ^「僕はどこにも行かないよ(超イケボ)」
ことり「うん…うん!あなた、愛してる!」
^さ^「僕も愛してるよ(超ド級イケメンボイス)」



真姫「ヴエエ」
^さ^「ことり…愛してるよ…(超イケボ)」



@AttoSakuraとはなんなのか、今までの記事を振り返りながら分析してきた。
所謂「キモヲタ」と呼んで差し支えは無いだろう。
しかし@AttoSakuraのことりへの愛だけは本物であるということだけは理解していただきたい。
恋は盲目とはよく言ったものである。

2ヶ月間の出張から帰ってきました。

2014-05-13:Tue ◇

-2ヶ月間の出張を終え、ことりの待つ家への帰路に就いた。

^さ^「(ことり…待ってるかな…)」
ため息交じりに家の戸を開ける。
^さ^「ただいま、ことり?」
部屋の灯りが無い、まるで誰もいないようだ。
^さ^「(…ことり、いないのか?)」
一抹の不安を覚えながら、階段を登った突き当たりにあることりの部屋のドアをノックする。返事は無い。
^さ^「(ことりの身に何か…?)」
^さ^「ことり!」
不安をかき消すようにことりの名前を呼びながらドアを開ける。
ことり「う…ん…さく…ら…さくらぁ…夢の中でも…会いたいよ…」
ベッドの上で僕の名前を呼びながら魘されることりを見て慌てるも、同時に少し嬉しくなる。
^さ^「ことり、帰ってきたよ。(穏やかイケメンボイス)」
ことりの前髪を少し寄せ、おでこに軽くちゅーをする。
ことり「…さ、さくら…?さくらさくらさくらぁ…!」
ベッドから飛び出たことりが僕の胸に飛び込んでくる。
ことり「あなた…会いたかったよぉ…」
^さ^「まったくもう、出張なんだからちゃんと帰ってくるよ。」
ことり「だって…だってだって2ヶ月だよ!?あなたがいない2ヶ月なんて…もう…グスッグスッ…」
^さ^「ことり」
ことり「さく…んっ」
僕の胸で泣き崩れることりの顔を上げて強引に唇を奪う。
^さ^「僕はどこにも行かないよ(超イケボ)」
ことり「うん…うん!あなた、愛してる!」
^さ^「僕も愛してるよ(超ド級イケメンボイス)」
ことりと何度か唇を重ねる。
「ぐぅー」
ことり「えへへ…安心したらお腹空いちゃった」
^さ^「今日は僕が夕飯作るよ」
ことり「ううん、ダーメ。今日は2人並んで作るの♡」
^さ^「ことりばっかり見てケガしないように気をつけなきゃな」
ことり「もぉあなたったらぁ♡」
ちゅっ♡


ことり…

プロフィール

@さくら

Author:@さくら
ポケモン総合勢(仮)
BW2シングル最高レート:1762
XYシングル最高レート:2148
XYダブル最高レート:1832
XY総合最高レート:8746
3DSFC:1220-6003-3483

あくせす数

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる