スポンサーサイト

--------:-- ◇ スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TAG : -

乙女式クレセドラン

2014-06-26:Thu ◇ PT紹介

良い構築名が思いつかなかったです。
メガシンカ枠のガルとサナが女子力(物理)高そうだったのでこんな名前に。
代案があれば承ります。

レート2000も達成し、数字だけ見ればそこそこ満足の行く結果になりました。
並びも結構お気に入り。
何かの参考になれば幸いです。

乙女式クレセドラン


445.png
ガブリアス 陽気 鮫肌
@食べ残し
努力値 H76 A180 S252
実数値 193-173-115-×-105-169
地震/毒々/身代わり/守る

前回の記事で紹介した毒守ガブ。
このキチガイポケモンを使いたいと考えたのがこの構築のスタートで、その補完で残りの面子を決めました。
この5体を選んだ背景には、ガブガルーラでクレセやポリ2などの物理受けを、クレセサーナイトで鋼タイプのポケモン、とりわけギルガルドやドランの選出を誘導し、身代わりを残しつつ毒守の展開をしたいといった意図があります。
実際に毒守での展開が有効な場面も多く、ガブリアスで毒守をする強さというものも感じることができました。
しかしながら、この構築においてはサナとドランで先に上げたクレセやポリ2、その他バルジーナなどといったガブガルーラを止めてくるポケモンを強烈に牽制することができているので、ガブリアスまでこのような型にする必要性はなかったのではないかと実際に回してみて感じました。(軸 #とは)
このPTにはガルーラを上から殴れるポケモンがガブとボルトしかいないので、ガルーラに対して確実に負荷をかけたいという意味でも鉢巻を持たせてみてもおもしろかったかもしれません。

115-m.png
メガガルーラ 意地っ張り 肝っ玉→親子愛
@ガルーラナイト
努力値H4 A252 S252
実数値181-194-120-×-120-152
捨て身タックル/地震/岩雪崩/猫騙し

普通の猫捨身、説明する必要も特にないと思います。
文句無しに強かったです。
6g産なのでサブウエポン2つを地震、岩雪崩にしていますが、このPTではハッサム、ナットレイの処理をヒードランに依存しているので、選出の幅を広げるという意味でも岩雪崩を炎のパンチにすればもっと使いやすいと思います。

488.png
クレセリア 図太い 浮遊
@ゴツゴツメット
努力値H252 B252 D4
実数値227-×-189-95-151-105
サイコキネシス/冷凍ビーム/電磁波/三日月の舞

ガルーラクレセの普通のクレセ。
文句無しに弱かったです。()
ガブの鉢巻逆鱗で乱2を取られ、ガルーラには怯ませられ、他の耐久ポケモンには毒殺され、色んなポケモンの起点になります。
それでもガブやガルーラに後出しできる数少ないポケモンなのでこの構築からは切っても切れないポケモン。
散々disってますがこいつがいないとバシャに全員ぶち殺されるので、種族値の高いクッションとして活躍してくれました。

485ns.png
ヒードラン 控え目 貰い火
@拘り眼鏡
努力値H196 B8 C240 D56 S8
実数値191-×-127-198-133-98(めざ格闘個体)
オーバーヒート/火炎放射/ラスターカノン/龍の波動

5世代の流用個体なので個体値甘めの眼鏡ドラン。
ここまできてニンフィアの一貫性がやばかったので後出しできるコマとして採用。
メガサーナイトに関しては、ヒードランの上から打ち分けられるめざ地を打ってくるのであまり後出しはしたくないです。
技構成に関してはオバヒ/放射/ラスカまで確定。
@1には悪の波動が採用されるヒードランが最近では一般的になってきましたが、ガブガルの地震、メガサナのめざ地とヒードランに対して強力な打点を持っているポケモンがPT内に3体もいる上に、クレセドランという並びにも強い毒守ガブ、メガサーナイトを採用している関係上、クレセドランに一貫性を取れるという意味で採用される悪の波動を採用する理由はないと感じたので、後出しされやすいガブにも刺さるこの技をチョイスしました。
という名目で教え技を消したくなかっただけです。
しかしながら、ほとんどオバヒと放射しか打たず、実際に龍の波動で交代際に出てきたガブを処理できたこともあったので有用性としては五分五分、好みの問題だと思います。

282-m.png
メガサーナイト 控え目 トレース→フェアリースキン
@サーナイトナイト
努力値H252 B76 S180
実数値175-×-95-203-155-143(めざ地個体)
ハイパーボイス/サイコショック/めざめるパワー地面/瞑想

アイドル枠。
最近妙に見るようになった受けループを倒したかったので瞑想型で採用。
実際は自分がマッチした受けルに悉くギルガルドが入っていたので簡単に3タテとはいきませんでしたが、まずまずの活躍を見せてくれました。
瞑想を積むと余剰火力になること、また、耐久に振って小回りを利かせた方が使いやすいのではないかと考え、HSベース。
Sのラインはメガシンカ前準速キノガッサ抜き、ここまで振るとメガシンカした後のS実数値が143となり、丁度最速ドラン抜き抜きとなります。
個人的には気に入っているS調整です。
入れるだけで身代わり守る戦法(主にグライオン)に対する牽制になるので、最近PTからニンフィアかサーナイトを外せないです。

642.png
ボルトロス 臆病 悪戯心
@命の珠
努力値 H4 C252 S252
実数値 155-×-90-177-100-179(めざ氷個体)
10万ボルト/めざめるパワー氷//ボルトチェンジ/電磁波

PTできついギャラドスと、対策し辛いメガゲンガーへの対抗策として採用。
悪戯心による電磁波で相手のメガゲンガーの足を奪い、機能停止させることが主な役割です。
ガブリアスやギャラ、マリルリといったKP上位のポケモンを上から縛れる上に、電磁波によってゲンガー、ゲッコウガなどといった高速アタッカーを機能停止にできるのでこいつも最近PTから外せない1体となっています。



-基本選出-
ガブガルーラクレセ
ガルクレセドラン
サナクレセドラン
Etc.
スタン寄りの構築なので柔軟な選出ができ、使っていて楽しかったです。


致命的に重かったポケモンは気合いボールを持った珠霊獣ボルトロスとマニューラ。
珠霊獣ボルトに対面で勝てるポケモンがサーナイトしかおらず、割とどうしようもないです。
マニューラに関して言えばほぼ100%先発で出されるので、先発でクレセと合わせて電磁波を入れて機能停止くらいしか勝ち筋が無いです。
ほぼ切り気味のポケモン。


こんな感じで終わります。
お疲れ様でした。

リザX入り高種族値スタン

2014-06-16:Mon ◇ PT紹介

最近お熱のリザX入りの構築。
綺麗に仕上がって見栄えはよかったのですが、レートが伸び悩んだので公開することに。
6/15日に行われたむくれねこさん主催のリーグ戦では予選5試合で3-2、内1敗は砂ガブにひょいひょいされて落とした試合だったのできちんと立ち回れば弱くは無い構築だとは思います。

面子はこちら

リザX入り高種族値スタン

-個体解説-

642.png
ボルトロス 臆病 悪戯心
@命の珠
努力値 H4 C252 S252
実数値 155-×-90-177-100-179(めざ氷個体)
10万ボルト/めざめるパワー氷/草結び/ボルトチェンジ

フルアタの珠化身ボルト。
PT単位できついギャラドス、マリルリ等中耐久高火力水アタッカーに対するコマとして採用、ランドロスとの相性も○
一時期霊獣で使っていましたが、ガブに抜かれるのがやはり辛いことと、仮想敵に対して化身でも十分火力が足りるということで化身にしました。
個人的に今まで使ったボルトの中では一番使いやすかったです。
PT全体でカバルドンの処理が面倒だったので草結びを採用、バンギラスに対しての打点にもなります。
ラストの枠はゲンガーの影ふみからの脱出や、有利対面を取りつつ、後続に負担をかけることができ、スカーフ霊獣ランドロスのとんぼ返りとのシナジーを意識したボルトチェンジ。
ボルチェンに関して、ギルガルド等に対して、ボルチェンで負荷をかけて、後続のランドロスの地震圏内に入れたりなど打つ場面は多かったです。(10万ボルトより打ったかもしれない。)


645-therian.png
FCランドロス 意地っ張り 威嚇
@拘りスカーフ
努力値 H4 A252 S252
実数値 165-216-110-×-100-143
地震/ストーンエッジ/馬鹿力/とんぼ返り

普通のスカーフ霊獣ランドロス。
コンセプトであるリザードンや、クレセドランがきついバンギラスを見るための枠。
メガルカリオや、バンドリorカバドリを見るための枠でもあります。
やることはとてもシンプルなので説明は特にしません、強いです。


488.png
クレセリア 図太い 浮遊
@ゴツゴツメット
努力値H252 B252 D4
実数値227-×-189-95-151-105
サイコキネシス/冷凍ビーム/電磁波/三日月の舞

ガルーラやガブ、カイリューに後出しできるコマとして採用。
最近激増しているバシャに対するストッパーとしての役割も担います。
元々ガルーラが構築に入っており、クレセガルーラの形も取っていたので技はその仕様のままになっていますが、クレセリアが月の光で粘りたいという場面が自分で使っていてそんなに無かったのでガルーラがいなくとも回復タンク要員として重宝しました。
特にリザードンはフレドラでの消耗が激しいので、思った以上に舞があって助かった場面は多かったです。
電磁波の枠は選択。
個人的には毒々等を仕込んでも面白いと思います。


485ns.png
ヒードラン 臆病 貰い火
@食べ残し
努力値H212 B4 C4 D36 S252
実数値193-×-127-151-131-141
大文字/大地の力/毒々/身代わり

面倒なクレセ、ポリ2を見るためのコマとして採用。
クレセとの相性の良さは言わずもがなのことだと思います。
5世代の流用なので調整に関してはもう少し考えたいところ。
メガヘラに対するダメージが噴煙、火炎放射ではあまりにも足りないので、少しでも火力を確保するために大文字を採用。
大地の力に関して、ミラーへの意識ももちろんありますが、ファイアローの起点になりたくないというのも採用理由の大きな一つです。
守るが欲しい場面より大地の力が欲しい場面があまりにも多かったので技構成はこれでよかったと思います。



006-mx.png
メガリザードンX 陽気 猛火→硬い爪
@リザードナイトX
努力値A252 B4 S252
実数値153-182-132-×-105-167(メガシンカ後)
フレアドライブ/ドラゴンクロー/雷パンチ/龍の舞

このPTのコンセプトであり、唯一のメガ枠。
舞った後に意地スカガブを抜きたいので陽気にしましたが、火力が足りない場面が多過ぎたので意地っ張りにした方が良いと感じました。
機動力重視のドラゴンクロー、マリルリやギャラ等で止まりづらくするための雷パンチの採用。
フレアドライブに関して、せっかく舞っても、サイクルを回されることで消耗し、本来の役割対象である、ナットレイやハッサムを突破する前に擦り減ってしまう場面が多々あったので炎のパンチも一考。
ただ、個人的にはやはり最高打点としてフレアドライブを打つ場面(主にガルーラ)は多かったので逆鱗は切れてもフレアドライブは切れないと感じました。
扱うのは難しかったですが、使っていて楽しいポケモンだったのでまたいつかリザX入りの構築は考えてみたいと思います。


700.png
ニンフィア 控え目 フェアリースキン
@精霊プレート
努力値H164 B140 C184 D4 S16
実数値191-76-103-168-151-82(めざ炎個体)
ハイパーボイス/めざめるパワー炎/電光石火/欠伸

ゲッコウガやガブ等、このPTに対して初手で出てきやすいポケモンに対して強いコマ。
PT全体でバシャが重いのでHBラインは補正有珠バシャのフレアドライブまで耐える調整。
めざ地面を打つ機会よりもめざ炎が欲しい場面が圧倒的に多かったのでめざパは炎。
最近流行りのバシャサンダーナットレイの並びを上手くいけば回復タンク込みで壊滅させることも可能。
個人的に一番おすすめしたい型のニンフィア。
「どうせハイパーボイスしか打たないならプレートでいいのではないか」と思ったのがこのニンフィアを作ったきっかけ。
チョッキと違って補助技を打てるのも大きなポイント。
ニンフィアの欠伸はとても読まれづらく、また、ニンフィア自体が流し性能のとても高いポケモンなので、交代際に入る欠伸がとても強かったです。
また、リザードンXの起点作りというのも欠伸のメリットとして挙げられます。
高火力の特殊アタッカー兼起点作りとしてとても活躍してくれました。

-基本選出-
ボルトランド@1
クレセドラン@1
ニンフィアリザ@1

基本選出と賜っていますが、実際は割と柔軟な選出ができるのもこの構築の面白いところだと思います。



重いポケモンは特殊投げガルーラ、身代わりメガサーナイト、ギャラドス。
また、マリゲン、ポリゲンなどといったゲンガーの入った並びもあまり得意ではないです。

リザードンを入れているだけでステルスロックがバンバン飛んでくるのもリザ入り構築の難しいところだと感じました。

色違いのニンフィアの動く画像を見つけれなかったので今回は画像無し。

【全国ダブル】爆音ムシャドサイ

2014-05-08:Thu ◇ PT紹介

シーズン3で使用していた全国ダブルの構築。
最高レートは1832、BWから通して初めてダブルに挑戦した自分にとってはそこそこ満足できる結果だったように思います。
後半急増したプテラリザの並びに対して厳しくなってきたので公開することに。
とは言っても技構成や並びを少し変えていけばまだまだ戦えると思うので何かの参考になればと思います。

面子はこちら


ムシャオング


-個体解説-

460.gif

ユキノオー 冷静 雪降らし→雪降らし
@ユキノオナイト
努力値 H252 C252 D4
実数値 197-×-125-202-126-31(最鈍)(メガシンカ後)
吹雪/エナジーボール/冷凍ビーム/守る

トリルエース①
ダブルの構築の軸を考える時に自分の中でトリパを使いたいというのがあり、メガトリルエース枠としてユキノオーを選択。
技構成について、吹雪は確定、ウッドハンマーとエナジーボールは選択ですが、反動ダメが痛いことと十分火力が足りるということでエナジーボールを採用。
礫に関しては欲しい場面がほとんど無かったので、ギルガルドやプテラのワイドガードを意識した冷凍ビームを採用、これがおもしろいぐらい刺さりました。
調整は環境が分からなかったのでHCぶっぱですが、特に困ったことも無かったです。
ユキノオーの一番の利点として、今作から胞子が草タイプに無効になったことでトリル下でモロバレルに縛られないということが挙げられます。

593.gif

ブルンゲル 呑気 呪われボディ
@カゴの実
努力値 H252 B252 D4
実数値 207-×-134-105-126-58(最鈍)
熱湯/シャドーボール/トリックルーム/眠る

トリル始動要員①
ユキノオーの隣でトリルを貼ると言えばこいつ、ということで採用したが選出機会は余り無かった。
今作から水のジュエルが無くなり、また、火力の超化でブルンゲルの数値が足りなくなったため、冷静潮吹き型ではなく性格は呑気、ウエポンには熱湯を採用しました。
火傷3割はやっぱり強い。
自己再生ではなく眠カゴにしたのはガルーラドーブルに対して完全にフリーにはしたくなかったというのが理由です。
全国ダブルではほとんど見かけませんでしたがブルンゲルの耐久力的にもそこまで長く居座る場面は少なかったので眠るで正解だったように思います。

518.gif

ムシャーナ 呑気 テレパシー
@オボンの実
努力値 H252 B252 D4
実数値 223-×-150-×-116-30(最鈍)
トリックルーム/重力/催眠術/手助け

トリル始動要員②
選出率№1、とても使いやすかったです。
トリル重力催眠から催眠術or手助けを連発するだけの機械。
格闘の少ない環境なのでサイコキネシスを打ちたいと思った場面は無く、この技構成でよかったと思います。
この構築のもう一つの軸であるドサイドンとの相性の良さは言わずもがな、テレパシーで爆音波も空かせるので重宝しました。
ただ挑発をされると何もできない技構成のため、メンタルハーブも一考の価値はあると思います。
欠点としては耐久が足りないことが挙げられます。
催眠術や重力のおかげでクレセリアより場で腐りづらいとは思いましたが、如何せん耐久が足りず、何もできずに落ちていくという場面もしばしばありました。
こいつをどう活かすかがこのPTを運用する上での鍵になると思います。

464f.gif

ドサイドン 勇敢 ハードロック
@命の珠
努力値 H4 A252 D252
実数値 191-211-150-×-107-40(最鈍)
地震/岩雪崩/ドリルライナー/守る

トリルエース②
トリル重力下で地震打つ簡単な仕事、ドリルライナーはユキノオーの冷凍ビームと同様ワイドガード意識。
ここまで来て飛行技(=ファイアロー)の一貫性があったのでそれを切る意味でもドサイドンは優秀でした。
技構成に関して、地震、岩雪崩までは確定、ドリルライナーと守るに関しては選択だと思います。
クレセリアの処理速度を上げたい場合はメガホーン、プテラリザを意識したエッジもワンチャンはあると思いますが、そもそもプテラが挑発を持っている可能性が高いので、トリックルームを貼れない場合がとても多いです。
下からトリルで縛れない関係上エッジの優先度は個人的には低いです。
やることが単純なのでそこまで説明することが無いですね(

645-therian.gif

FCランドロス 意地っ張り 威嚇
@拘りスカーフ
努力値 H4 A252 S252
実数値 165-216-110-×-100-143
地震/岩雪崩/馬鹿力/とんぼ返り

後処理+威嚇撒き要員。
基本的に5gのランドロスと使い方は変わらないイメージ。
馬鹿力はもちろんガルーラ意識、H4ガルーラが中乱数で飛びます。
さっきドサイのところで書いたことと被りますが、このランドロスの岩雪崩はエッジがいいと思います。

295.gif

バクオング 控え目 肝っ玉
@ノーマルジュエル
努力値 H92 B164 C252
実数値 191-×-104-157-93-88
爆音波/ハイパーボイス/大文字/守る

地雷。
初手にムシャーナと繰り出して爆音波で大ダメージを与え、後続の圏内に入れるのが主な仕事。
他にもスカーフミトムやトリパが重いナットレイに対して打点を持てるという理由で採用。
初めは冷静にしてこいつもトリルアタッカーにしようとも考えましたが、微妙に早いSがトリルアタッカーとして使いづらく、クチートとのS関係をはっきりさせたいのもあり、控え目にしました。
さりげなくニンフィアを素で抜けるのは強いと思いました。
ダブルで採用する場合、個人的にはこの型が一番使いやすいです。
隣にムシャーナがいない時には爆音波が打てないので、爆音波とハイパーボイスの両立は必須だと思います。



基本的な動きとしてはムシャランドorムシャオングから展開してトリルエースで抜いていくというシンプルな純正トリパの動きです。



連日記事更新して疲れたのでこの辺で。

【レート2100】ウェイ系カバルカ~ドリュウズを添えて~【社mf4-5】

2014-05-06:Tue ◇ PT紹介

どうも、すっかり定着してしまった故あっとさくらです。
今日はレートで自己最高である2115を更新、そして5/5の社mfで使用した構築を紹介したいと思います。
積んで殴ってウェイして✝大勝利✝というコンセプトの元で作ったのでこんな名前になりました。

初めに少し余談を挟みます、構築にだけ興味にある人は飛ばして読んでください。
この構築は僕が前公開したSDカバルカをベースに友人のがんてつと約一か月かけて完成させた構築です。(がんてつも公開しているのでこちらから別視点で読んでみてください。)
http://gantetsu225.hatenablog.com/
結構時間をかけたのですが、逆にこの構築を考えてる間に環境も大きく変化し、急増した霊獣ランドロスに対応できないまだまだ未完成の構築です。
結果、レートではそこそこ良い結果を残せたもののオフでは惨敗、思うような成績を残せませんでした。
しかし、同時にもっともっと練り上げれると思い、僕はこれからもカバルカを研究して、6世代はカバルカで駆け抜けようと思えるきっかけになりました。
これからもガルーラを拳で殴り殺していきたいですね。

面子はこちら

カバドリルカアロー


-個体解説-

カバルドン

カバルドン 慎重 砂起こし
@オボンの実
努力値 H252 B4 D252
実数値 215-132-139-×-136-67
岩石封じ/ステロ/欠伸/吹き飛ばし

前回のカバルカでも使用した構成、カバルカのカバルドンはこれが完成形だと個人的には思います。
起点作り、クッションの役割としてこれ以上優秀なポケモンはいないと思います、オフでの選出率も8/9と非常に高く、安定した活躍を見せてくれました。
採用理由は軸なので無し。
説明に関しては前の記事参照でお願いします。


530.gif

ドリュウズ 陽気 型破り
@気合いの襷
努力値 A252 B4 S252
実数値 185-187-81-×-85-154
地震/アイアンヘッド/岩石封じ/ステルスロック

カバドリのドリュウズでは無く、今回は起点を作るタイプの型破りドリュウズです。
採用理由は初手に出てくる火力強化系のアイテムを持っている水ロトム、挑発メガサーナイト、眼鏡ニンフィア、ゲンガーつまりカバルドンが起点を作るのが厳しい相手に対して型破りドリュウズが強いというのが挙げられます。
実際オフでも初手ニンフィアとドリが対面する場面があり、ドリで起点を作って勝ちというような試合もありました。
また、軸はカバルカですが上段にカバドリを並んでいることで嫌でも相手はカバドリを意識せざるを得ないというのもドリュウズの強い所だと思いました。
この枠は最後まで悩みましたが、オフでは選出回数こそ少ないものの選出した試合は全て勝つことができました。
ただ水の一貫性をさらに作り、ギャラドスやマリルリなどカバルカがきついポケモンを更に呼ぶことになってしまったので、まだまだ考える余地のある枠だと思いました。


448.gif

ルカリオ 陽気 正義の心→適応力
@ルカリオナイト
努力値 A252 B4 S252
実数値 145-197-109-×-90-180(メガシンカ後)
インファイト/アイアンテール/神速/剣の舞

剣舞アイテ型のルカリオ。
アイアンテールを採用した理由として、今回のファイアローが羽休めを切っている関係で、ステロなどが撒かれた際にもバナを処理する√を作りたいから、先にも述べたように水の一貫性が増え、誘うマリルリに対する打点が欲しいからというものが挙げられます。
爪とぎにしたいというのが正直な感想ですが、剣の舞でなければ全てにおいて数値が足りず、特にステロ+A↑神速でボルトに対して確定が取れなくなるのでやむなく剣舞を採用。
ただオフではそれが直接的な負け筋にはならなかったものの2回外す安定感の無さを発揮し、また、ギルガルドに対して何もできず、負けてしまった場面も多かったので個人的な感想としては失敗だったと思います。
その他、このポケモンに関しての説明はほとんどいらないと思うので、詳細が知りたい方は前の記事を読んでください。
こちらも採用理由は軸なので無し。


talonflame.gif

ファイアロー 意地っ張り 疾風の翼
@ズアの実
努力値 H44 A244 S220
実数値 159-145-91-×-89-174
ブレイブバード/フレアドライブ/自然の恵み/剣の舞

鬼火や羽休め、挑発などといった補助技を一切排除、技の範囲をとにかく広げたファイアローです。
自分が今までカバルカアローを軸としたPTを使っていてきつかった場面の一つとして、次のような場面がありました。
カバルドンが起点を作り、処理される。
→アローで積みに行く、ドランが後出しされる。
この時、裏のルカリオは当然ドランに対して後出しはできません。
ドランが大地の力or原始の力などを持っていてアローの起点にできない場合、残り全てをルカリオ一体で見なければならず、負けてしまう、このような場面がとても多かったです。
折角起点を作ってもこれでは意味が無いと感じ、アローの技範囲をできるだけ広げ、尚且つそこそこの火力を出すことのできる意地恵み(地面)アローを使うことにしました。
初めは陽気でライコウ抜きまで振っていたのですが①剣舞ブレバで無振りのガブやガルーラが落ちない②自然の恵みでヒードランが落ちないという二点から泣く泣く性格を意地っ張りにし、最低限の最速レパル抜きまでSを落とし、Aにほぼぶっぱし、Hはカバの砂ダメ意識で16n-1に調整しました。
これだけAに振ることで先に上げたデメリットの二点をステロ込みでカバーすることができます。
プレートアローの火力も魅力的ですが、範囲を広げたこのアローも中々使いやすかったです。
ただこのアローには最大の欠点があります。
それはズアの実が発動するということです。
ズアの実の効果はHPが1/4以下になるとDを一段階上昇させるというものですが、アローは技の性質上ズアの実圏内に入る場面が多いです。
実際ズアの実が発動してしまったばっかりにドランを倒せず、負けてしまったといった試合もレートで多々経験しました。
結構お気に入りの調整&型ですが、体力管理がとにかくシビアなポケモンだと感じました。


642s.gif

ボルトロス 臆病 悪戯心
@命の珠
努力値 H8 C248 S252
実数値 155-×-90-176-100-179(めざ飛行個体)
10万ボルト/めざめるパワー飛行/悪の波動/悪巧み

以前のSDカバルカがギルガルドやクレセリアに薄いということで採用されたのがこの珠悪巧みボルト。
悪巧みを積むことで
10万ボルトで193ヒードランが確1、H振りポリゴン2が確定2発。
めざ飛行でH振りメガフシギバナが確1。
悪の波動でHBクレセはステロ込みで高乱数、H252ギルガルドはステロ無しでも高乱数で屠ることができます。
悪巧みを積んだ後のこいつの抜き性能がとても楽しいです。
また、対マリルリ、ギャラドスの強力なコマでもあります。
ガブやランドロスがとても重いのでめざ氷とどちらにするか最後まで悩みましたが、上記のポケモンはスカーフを持っている場合が多く安定せず、何よりクレセドランバナなど、バナがサイクルに入ってくる並びに対して強く出れるというのが大きすぎたのでめざ飛行に。
この構築の裏エース、個体を提供してくれたるちあぽけさん、考えてくれたがんてつには感謝、ありがとうございました!


003.gif

フシギバナ 冷静 深緑→厚い脂肪
@フシギバナイト
努力値 H252 B112 C100 D44
実数値 187-120-157-170-146-90(メガシンカ後)(めざ氷個体)
ギガドレイン/ヘドロ爆弾/めざめるパワー氷/地震

この構築で重いガブやランド、マリルリ、ギャラドス、ライコウ等を無理矢理見たい過労死枠。
HにぶっぱしBをガブの剣舞逆鱗耐え、Dはクレセのサイキネ2耐えまで振り、余りをCに振りました。
冷静にした理由としては同型の中では一番硬いであろう193ライコウを地震2発で持ってけるというものが挙げられます。
この構築の最高速度がボルトの111族なので必然的にライコウが重く、処理速度をできるだけ早くしたいという理由でミラーを切ってこのような調整にしました。
もちろんドランも意識してますが最近鬼火ドランをよく見るようになったので地震でドランが見れるかどうかは怪しいので、起点にはならないという程度。(光合成が欲しい場面が多過ぎました。)
めざ氷は実際刺さる場面も多く、使用感は良かったのですがガブが鉢巻だったり、ランドが起点爆発型だったりすると対面で”勝つ”場面は少ない印象でした。
ただハッサムはめざ炎を警戒して起点にしにくることはなかったのでめざ炎もそこまで欲しいと思う場面はありませんでした。
また、ルカリオと同時選出したい場面がとても多かったので、2つ目のメガ枠としてバナは果たして正解だったかどうかはまだまだ考える余地があると思います。



-基本選出-

カバルカアロー
…基本選出、結局これが一番強いです。

カバルカボルト(ボルトカバルカ)
…ギャラマリが重い時の選出。重そうに見えるバナには実は強いです。

カバアローバナ
…ルカリオの通りが悪い時の選出。

ドリ@2
…ミトム、ニンフィア、サナが初手に出てきそうな時の選出。



-オフを総括して-

決して弱い構築ではありません。
実際レートでそれなりの数字を出せたのは僕にとっては大きな成果だと思います。
しかし、環境の変化に対応し切れず、初めてのオフで苦汁を味わうことになってしまったのは今でも悔しく、同時に次へのモチベーションの向上にも繋がりました。
レートのシーズン4も始まりますが、今回のオフの結果も生かしながら次の構築を考えていきたいと思います。

クソ記事だけの人とは思われたくないので頑張ります、ホントに。

そんな感じで。





SDカバルカ

2014-04-11:Fri ◇ PT紹介

真面目な構築記事です。
どうにもレートで勝てなかったのでとりあえず6gでよくある並びを使おうと思い、並び的にかっこいいという何とも適当な理由でカバルカを使うことに、これが案外自分とマッチしました。
最高レートは2012、一応目標だった2000に乗れたのでいいかなーってことで公開することに。
PT内の積みエース3体が全員「剣の舞」を搭載していることからSD(Swords Dance)カバルカという名前を付けました、結構お気に入りの構築です。
何かの参考になれば幸いです。
面子は以下の通りです。


カバルカver2



-個体解説-


カバルドン

カバルドン 慎重
@オボンの実
努力値 H252 B4 D252
実数値 215-132-139-×-136-67
岩石封じ/ステロ/欠伸/吹き飛ばし

初めは色々と調整しましたが最終的にはいつものHDぶっぱに落ち着きました。
5gのカバドリにおけるカバルドンと同じような使い方をしました。
PT単位でアローがわりと辛かったので、挑発アローにも対応できるようにウエポンは岩石封じ。
挑発ギャラの起点にならないのも評価が高いです。
初手に出てくるダウンロードポリ2がうざすぎるのでBの個体値を下げようかとも思ったのですが、余りにも沸き過ぎだろうと思い、断念。
吠えるで使ってたらめちゃくちゃdisられたので友人から乞食して吹き飛ばし個体をもらいました。
カバルドン使う時はきちんと吹き飛ばしを使いましょう。


448.gif

ルカリオ 陽気
@ルカリオナイト
努力値 A252 B4 S252
実数値 145-162-91-×-90-156→145-197-109-×-90-180
インファイト/噛み砕く/神速/剣の舞

PTのエース1。
カバルドンで起点を作り、剣舞、全抜きを計るという極めて分かりやすいポケモンです。
初めは爪とぎアイアンテール型で使っていたのですが
①神速の火力が爪とぎでは足りな過ぎる。
②PT単位でシャンデラが重い。
③クレセガルドに一貫する打点が欲しい。
という理由から剣舞と噛み砕くに落ち着きました。
ハッサムがいるのでクレセやガルドはどうにかなるのではないか?という考えもあると思うのですが、クレセドランガルドなんて並びだとたちまちハッサムの選出が縛られてしまうので(僕のハッサムの使い方が下手なだけなんですが)ルカリオに噛み砕くが欲しい場面が多々ありました。
それでも結局噛み砕くではクレセもガルドも剣舞を積んでも落とせないのでステロや他のポケモンで何かかにか削りを入れる必要があったので技構成はまだまだ方は考える必要がありそうです。
また、耐久がないため、スカーフ持ちには滅法弱く、現環境で扱うのは中々難しいと感じました。
それでもほとんどの試合で選出でき、それなりに活躍できたのでポテンシャルはメガシンカの中でも高い方だと思います。
メガシンカ前の特性は正義の心安定。
バルジーナ等のイカサマに後出ししてAを上げたりできた場面があったので他の特性にするよりはワンチャン発動機会のある正義の心がいいと思いました。


talonflame.gif

ファイアロー 意地っ張り
@青空プレート
努力値 H172 A252 S84
実数値 175-146-92-×-89-157
ブレイブバード/剣の舞/挑発/羽休め

PTのエース2。
正直壊れ性能だと思いました。
剣舞を積んでブレイブバードをするだけで勝手に相手が倒れていきます。
ミトムやヒードランもある程度削れば剣舞ブレバで飛んでいくのでめちゃくちゃ楽しかったです。
そもそも相手のドランが大地の力や原始の力、その他岩技を持っていなければドラン自体を無理矢理起点にできたりもします。
また、ルカリオとの相性がとても良く、ルカリオがスカーフ地震やスカーフ放射で処理された後にそのポケモンを起点にして勝った試合もしばしば。
このため、ほとんどの試合でカバルカアローという選出をしてました。
鬼火を空かせる積みエースというところも評価が高いです。
調整はH16n-1、Aぶっぱ、余りSというかなり適当な感じ。
このSだとどうせミラーは抜けないのでAをもう少し削ってSに振るか、そもそもSを最速85族抜きぐらいまで抑えて、余りをDに振った方が使いやすいと思います。


212.gif

ハッサム 意地っ張り
@命の珠
努力値 H28 A252 S228
実数値 149-200-120-×-100-114
バレットパンチ/電光石火/泥棒/剣の舞

PTのエース3。
古き良き珠ッサム。
初めのうちはメガッサムで使っていたんですが火力に満足できなくなったので命の珠に変更。
火力のラインとして一番意識しておきたいのはサザンドラ。
剣舞バレットでメガハッサムだとサザンドラに耐えられ、返り討ちに合いますが、珠ッサムだと無振りであれば高乱数一発、ステロ込みで確定一発で落とすことができます。
マリルリもステロ込みで高乱数一発で落ちるので、ハッサム一体でサザンガルドマリルリの並びに割と強く出れたり。
また、H4振りガルーラも剣舞バレットでステロ込み中乱数で落ち、砂ダメや何かで削れていればかなりの確率で持ってるというのも優秀でした。
最近メガッサムの起点になるということで炎のパンチを搭載したガルーラも増えてきているようなので、純粋に火力の高い珠ッサムは現環境では良く刺さると思います。
メガッサムで届かない微妙な所に手が届くので、僕はもう珠ッサム以外使う気になれないぐらい強いと感じました。


094.gif

ゲンガー 臆病
@ゲンガナイト
努力値 H156 B100 S252
実数値 155-×-93-150-95-178→155-×-113-190-115-200
シャドーボール/ヘドロ爆弾/10万ボルト/身代わり

マリルリ、ファイアロー、ギャラドス等が重かったので無理矢理見ようとした結果こんなことに。
結論から言うとめっちゃ使いづらいです。
強いて言うならCSぶっぱでよかったです。
耐久はアローの鉢巻ブレバ耐えまで振ったんですがアローと素で対面する場面は一回も無かったです(
反対に火力が足りないと感じることも多く、耐久に振る必要はほとんどないと感じました。
道連れや鬼火が欲しい場面も多く、本当に技構成や調整に悩むポケモンです。
この枠に関してはまだまだ検討する余地があると思います。

547.gif

エルフーン 臆病
@気合いの襷
努力値 B4 C252 S252
実数値 135-×-106-129-95-184
エナジーボール/ムーンフォース/アンコール/置き土産

起点作りに特化させた型。
使い方としてはエルフーンによく飛んでくる氷技や毒技を襷で耐えてアンコールでロック、裏のハッサムやルカリオの起点にするといった具合。
炎技はファイアローの起点にできます。
アンコールしても意味なさそうな一貫性のある水タイプのウエポンに対しては置き土産を入れてゲンガーの身代わりの起点にしたりしました。
CSぶっぱでエナジーボールを搭載することでマリルリやロトムに対しても高いダメージが期待できるので対水タイプへのの高速のアタッカーとしても有用でした。
ギガドレインでもいいかもしれないですが、体力満タンの状態で上から殴る場合が多いのでギガドレインより火力の高いエナジーボールの方が個人的には良いと思いました。
また、カバルカは初手に襷ガッサを呼ぶのでエルフーンと対面させ、負荷をかけるor引っ込ませるという役割もあります。(大体は岩石封じから入られますが、Sが1段階下降してもエルフーンの方が速い。)
このエルフを使ってて一番悩ましかったのは毒技をロックしようとして毒で襷を貫通させられることです。()
使用感はそこそこ、このPTにはよくマッチしていたと思います。



選出

カバルカアロー
…基本選出、大体これ。
きつくても無理矢理ゴリゴリできるのがこの選出の強み。
カバルカで荒らして、アローでフィニッシュ、逆もしばしば。

カバハッサムアロー
…相手にドランがいなくてハッサムの通りがいい時の選出。
動きはカバルカとあまり変わらない、ハッサムは強い。

カバルカハッサム
…たまにする。
ルカリオを選出したいけど相手のニンフィアが重い時とか。

エルフゲンガーハッサム
…裏選出。
エルフで起点作ってハッサムゲンガーでうんたん。

エルフカバルカ
…相手にガッサがいるけどカバルカしたい時。
ほぼ100%起点作れるのが強い。

後は臨機応変にフシギバナがいたらアローを混ぜたり云々。



この構築はクチート、フシギバナ、ギャラ、マリルリなど色んなポケモンがめちゃ重いですが割とゴリ押しがききます。
明らかにきつい構築にも平然とカバルカアローをぶん投げて押し切って勝てたり。
まぁそんな感じです。

カバルカは割とつらい環境ですがまだまだ戦っていけそうだというのが感想です。

ちゅんちゅん


プロフィール

@さくら

Author:@さくら
ポケモン総合勢(仮)
BW2シングル最高レート:1762
XYシングル最高レート:2148
XYダブル最高レート:1832
XY総合最高レート:8746
3DSFC:1220-6003-3483

あくせす数

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。